ほんとうに必要なことなのかな

この記事は4分で読めます

網戸にした部屋

 

冷んやりする風を浴びながら

音遊記をつづります。

 

こんにちは、よっちゃんです。


さてさて

鼻炎アレルギーが治ったはなし 第2弾

前回の記事

詳しくつづります。

 


あ、前回同様。

医学的にどうこうっていう話をする気はなくて

信じなくて良いからね!


全ては自分の責任でした

 

 

アレルギー性鼻炎と診断されたこの肉体

ハウスダストが原因じゃない

鼻炎の根源は内にありました

 

自分の肉体を使った、人体実験の結果

 

その根源は

甘いものから味わう快感に依存し

いまここに生きることに目を曇らせ

現実をごまかそうとする エゴ

甘いものって砂糖を含む食品すべて

 

※特に精製された白砂糖

※補足すると、鼻炎の因果は砂糖だけにあらず

遺伝子組換え食品、添加物やら農薬やら、、、


僕は糖質中毒だ!

そして砂糖中毒だ!

 

1年前、糖質制限をやってみた。

(  いまはやってない )

糖質制限を開始して
一切のアレルギー症状がなくなったのです。

 

糖質制限って何かというと
1日の糖質摂取量を控えること。

 

食べないものがあって

◯ 主食(ごはん・麺・パン)

◯ お菓子(スナック系はほぼ全部)

◯ 糖質を多く含む野菜も(じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ等々の根菜類)

◯ 飲み物は、水かお茶 ( スポーツドリンクも栄養ドリンクもなし!)

 

生まれてからずっと
当たり前のように甘いものを好んでたべてたわけで
やめた初期段階は辛い。

 

糖質には中毒性があるなぁと身をもって体験

 

 

そして、ある時
無性に甘いものがたべたいなぁ〜っておもって

食べたいモノたべちゃえ!
糖質祭りじゃ〜!

 

dsc_4587_mini

 

アイスクリーム

クッキー、チョコ系のスナック
シュークリームやらプリン

菓子パン
ねじりドーナツとか好きw

炭酸ドリンク

 

いかにも砂糖がふんだんに使われている加工食品を食べたのでした

 

 


 

すると、翌朝からはっくしょん!!!の嵐

 

あれれ!!と

もしや!

となりいろいろ調べだす。

 

 

 

砂糖が及ぼす体への影響、、、

 

ネットで検索すると山ほどでてくるので
興味のある人は調べてみてください

 

ちょっと調べるだけでもすぐでるよ
砂糖が関係してる症状

 

ニキビ、肌荒れ、いらつき、疲労感、眠気、下半身デブ、

アトピーなどアレルギー、冷え性、
頭痛、肩こり、貧血、便秘、虫歯、胃潰瘍、糖尿病、、、

 

 

アトピー症状がでてるひと。花粉症のひとで
砂糖を含む食品を一切摂取してないひとと
会ったことないなぁと

 

菓子パンをよく食べていたり

あま〜い飲み物を口にしてたり

 

 

またこの話は別の機に。


ぼくは 砂糖アレルギー

 

 

前回の記事で

自分の身体が 健康 すぎて
一年中鼻水が出てた    と書いた。

 

 

鼻炎の症状はとってもありがたいもので

身体は体内に入った毒を
くしゃみや鼻水をとおして排出してくれていたのだ

 

そう、

僕の身体では砂糖を 異質物 だと認識している

身体の微生物や内臓器官のおかげで、排出できているうちは健康なのだ

排出できなくなった時、身体に蓄積され始める

それがいわゆる 癌 と呼ばれるものだろう

そして排出も蓄積もできないくらい波動が弱まったら

命の灯火が消えていくのかな

 

 

ぼくは、二人の祖父を癌で亡くしてる
二人の食生活を間近でみてたからこそ
やけに腑に落ちる

 

これってよく考えればわかることで
なんで今まで気づかなかったんだろう

 

なぜ鼻水やくしゃみがでるのか

なぜ発熱するのか
なぜ下痢をするのか
なぜ嘔吐するのか
なぜ喉にいたみがあるのか
なぜ胃もたれがするのか
なぜ眠いのか

 

 

調子の悪い時

自分の肉体は自分のために働いてくれている真っ最中

 

 


甘いモノが身体のエネルギーになる

という幻想

 

 

疲れた時の甘いもの

しっかりごはん食べないと元気でない

以前のぼくはそうだった

 

 

いっときのエネルギーじゃない?

いっときの快楽じゃない?

いっときの満足感じゃない?

いっときの幸福感じゃない?

甘いモノがないと動けないって危険じゃない?

依存じゃない?

 

 

ほんとうに身体が必要としてるのかな

 

 

どんな時に甘いものをほっしてるかな

夜遅くまで仕事してたり

他者と意見が食い違ったり

締め切りに追われている瞬間だったり

余裕のない時ほど、甘いものを欲してた

 

 

エゴ的に。衝動的に。反応的に。

じゃないかな

 

 

人体実験と観察を繰り返しながら
甘いモノへの誘惑に何度も負けながら

自分に問いかけた

 
 
この話を信じてくれる人…
身体の不調をずっと抱えてる人
1週間でも砂糖を取らない生活をしてみて
身体にどんな変化が起こるかな
お菓子やジュースだけじゃないよ
ドレッシングや加工食品のほとんどに砂糖が含まれてる。。。
美味しいパンにも、、、裏表示をよくみてね

 

 

 


じゃあどうするょ?!(2016 年 9 月 現在)

 

 

絶対的に砂糖を含むものを食べないわけではない。

 

むしろなんでも食べる。

だから、遠慮なく
ご飯さそってください笑

もりもり食べる!

 

けれど、食べるなら

誰かがプレゼントしてくれたもの

誰かの手作りだったり
誰かの愛情・波動・エネルギーが詰まってるものを
ぼくは喜んでたべる。

 

食べたくない時は、遠慮なく断る

 

食べる時はその人の波動を

ぼくは身体にいれたいから食べるのじゃ

 

 

今夏は
たくさんアイスも食べた。かき氷も堪能した。

dsc_8452_mini_mini

 

砂糖がわるいんじゃないんさ
エゴにのまれて、砂糖を食べても良い

体内の微生物のおかげで、毒素は排出してくれるだろう

 

若い、今だからできることだろう

肉体はいずれ弱る

 

健康なカラダは、いまだけのプレゼントだ

エゴといかに 向き合うか がなにより大事

 

エゴの波動が強い時こそ、瞑想を行う

座ってただただ呼吸を観察する

 

エゴの波動を増幅させない

少しずつ浄化していこう

 

断食という選択肢が増えたいま

どんなものが身体に入りこんでも

 

身体で浄化して自然に還してやる!

どんとこい!なんでもこいや〜!笑

 

 

ライブが近いときなんかは
意識的に避けたりもする。

せっかく地球に肉体をもってうまれたんさ
こういう命の使い道もありだなぁって

 

つづきはこちらで…

 

 

 

 

be happy!

よっちゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

* よっちゃん *
中山 佳樹 - Nakayama Yoshiki -
・音遊塾 塾頭
・ミュージックファシリテーター
・和太鼓バンド 音遊人(みゅーじん)
・心と身体の自然体研究所 研究員


詳しくは こちら