素っ裸で一週間 ねてみた!

この記事は1分で読めます


実験


おげんきですか

よっちゃんです。

裸で一週間寝るという実験をしました

 

「 裸で寝ると ” あったかい ”  」

なんて噂を耳にしたことがきっかけ

 

こういう話、ぼくは大好物なので
早速その日の夜から
素っ裸で寝ることにした

 


はだかんぼ



3月上旬とはいえ
つくばの夜は気温が 0度 になることもある
車のフロントガラスが凍る寒さであるw

 

3 月 4 日 の夜

勇気をだして裸で寝てみる

 

裸で寝ると言っても
布団の中に裸で入って寝る

 

噂によると
さむい冬、いっぱい着込んで寝るより
何も着ないで寝たほうが温かいとのこと

 

ほんとかなぁ〜笑

身体で体現したい

やりたがりな ご自分さん

本当に温かかった!!

1週間続けてやってみたが
結果は変わらず、あたたかい!


裸でねる本質


この実験の裏には

ここ最近の様々な興味関心がベースにある

 

 

・野生動物の生態系
・和服を普段着に過ごしていた先人の生き方
・ふんどしの可能性
・ひもトレ
・ゴム紐症候群

 

 

そして、

心身の 自然なあり方 ってなんだろぅ

という探求

 

 

 

裸でねるという手段の本質
「あたたかい」というものだけじゃない何かがある

 

 

効果について

ハダカで寝ることのメリット?デメリット?

ネットで検索すると山ほどでてくるから
気になる人は調べてみてくださいな

 

 

be happy !!!

よっちゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

* よっちゃん *
中山 佳樹 - Nakayama Yoshiki -
・音遊塾 塾頭
・ミュージックファシリテーター
・和太鼓バンド 音遊人(みゅーじん)
・心と身体の自然体研究所 研究員


詳しくは こちら